--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/06/22

パルミジャーノ・レッジャーノで至福のランチ♪ ~ 「チーズの王様」を食す。 (2)


1406_PR-05a_w400.jpg

eggs.gif こちらはある日のお昼ごはん。

まずは、冷蔵庫にあった野菜で作ったスープ

こちらのレシピを元にしていますが、
パルミジャーノ・レッジャーノの皮の部分を刻んで
最後に加えてあります。

皮のあたりは少しかたいのですが、
こうして小さく刻んだり、すりおろしたりしてスープなどに加えると
とても良い風味付けになるんです♪


3g3.gif


そして右上は、ベランダで元気に伸びていたバジルを
たっぷり使った、トマトとチーズのオムレツ

トマトが甘くて本当においしかったので、
ゴロゴロ大きめに切って 「よいしょっ!」 とまとめてあります。^m^

こちらにも、適当な大きさにほぐした
パルミジャーノ・レッジャーノを入れて。

食べた瞬間、ふわ~っと香りが広がって、
ごちそうオムレツってまさにこのことという味わい。^^

まさに、至福のランチタイムとなりました♪


1406_PR_12.jpg


スープの場合、粉チーズで香りをつけようと思うと
かなりしっかり量を入れないと素材の味に負けてしまいます。

でもパルミジャーノ・レッジャーノなら、
皮のところをほんのひとかけ加えるだけで、
お鍋いっぱいにチーズの風味が広がるんです。^^

またオムレツの方も、元気のあるトマトやバジルに負けない
しっかりした風味の強さがこのチーズにはあります。


う~ん、こうしていつものメニューに使ってみるだけでも、
パルミジャーノ・レッジャーノの持つ底力
ダイレクトに伝わってきますね~!


1406_PR_10.jpg


パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズというと、
もしかしたら 「粉チーズのことじゃないの?」 って思われる方も
いるかもしれませんが、
厳密に言うとこれは別物なんです。

粉チーズはたしかに
「パルミジャーノ・レッジャーノ風」に作られたものなので、
「パルメザン」(=パルミジャーノの英語読み)なんて呼ばれたりしますが、
もともと長期保存と利便性を第一に作られているものなので
製法もまったく異なります。

なので、とっても便利なものではありますが、
ここぞ!という時にはぜひ本物のパルミジャーノ・レッジャーノの風味を
楽しんでいただきたいと思います。^m^


3g1.gif


本物のパルミジャーノ・レッジャーノは
日本では少しお値段お高めの印象があるかもしれませんが、
今は少量からでもパックがありますし、
何より風味が良いから、少しの量でも存在感を発揮してくれて
案外コスパも悪くないんですよ。^^

満足感いっぱいの、至福のごはんタイム♪

ぜひ皆様もお楽しみくださいね☆



* *


1406_PR-banner.jpg

↑ ほかにもパルミジャーノ・レッジャーノの情報がいっぱい!
コンテストのお知らせもありますので、ぜひご覧下さい♪♪




line_tubul4.gif

  にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
最後までお読みいただき、本当にどうもありがとうございました♪


* * 


いつもの食卓を少し特別に Nadia



関連記事
パルミジャーノ・レッジャーノ・アンバサダー | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
庭乃桃さん、こんにちは。
いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。

まさに至福のランチですね!!
とても美味しそうです!!

素材の持ち味を活かしたお料理に、心が和みました!!
私も作ってみたくなりました。

全部ポチッと応援させて頂きます。
No title
庭乃桃さん

パルミジャーノ・レッジャーノで至福のランチ
素晴らしいチーズを使った料理
おいしそうです
いつも有難うございます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。