--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/06/20

◇チーズの山で暮らしたい! イタリアチーズの王様 「パルミジャーノ・レッジャーノ」 のお話。


1406_PR-03_w350.jpg

「そこにはおろしたパルミジャーノでできた山がありまして、
その上に暮らす人々のすることといったら、
マッケローニやラヴィオリを作ることだけなのですから。
...eravi una montagna tutta di formaggio parmigiano grattugiato, sopra la quale stavan genti che niuna altra cosa facevan che far maccheroni e raviuoli.」

(ボッカッチョ 『デカメロン』 8日目第3話より)


* * 


すりおろした
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズでできた山



う~ん、さぞかし良い香りなんでしょうね~!^m^
 (うっとり♪)

その上に住みながら、
毎日「マッケローニ」やラヴィオリを作って暮らすだなんて、
まさに 食いしん坊さんにはたまらない生活。(笑)

※ちなみにここで言う「マッケローニ」っていうのは、
いわゆる今のマカロニじゃなくて、ニョッキみたいなものだそうです。



150px-Andrea_del_Castagno_Giovanni_Boccaccio_c_1450.jpg
↑ 噂のボッカッチョさん。

これは、14世紀のイタリアで書かれた、
ボッカッチョという人の『デカメロン』という作品に出てくる文章。

ある理想郷のような場所があって、なんとそこには
ワインでできた河が流れており、
ぶどうの木には焼きソーセージがぶら下がっていて、
パルミジャーノ・レッジャーノでできた山
があるという夢のようなお話。

・・・どうやら今も昔も、食いしん坊さんはいたようです。
(なんだかとてつもなく親しみを感じずにはいられない。^m^)


about_h3_vgl.png


今では世界的に有名なパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズですが、
もう中世の頃には、こんな風に
「おいしいもの」の代名詞になるほどだったんですね♪


それまで、ヨーロッパのチーズというのは
羊の乳からできたもの(ペコリーノ)が主流だったのですが、
牛乳から作るこのパルミジャーノ・レッジャーノが
この頃から徐々に台頭してきます。


もともとは、イタリア北部にある
パルマとレッジョ・エミリアという地域のあたりで
作られていたことからこの名が付いたわけですが、

himitsu_01.png
↑ このへん。

その品質の高さと伝統から
あまりにも人気!になって、その後、数世紀にわたり、
いわゆる「そっくりさん」が量産されてしまうことに・・・。

中には品質がとてつもなくひどいものもあったので、
頭を抱えたオリジナルの生産者さんたちは、
「これこそが本物のパルミジャーノ・レッジャーノ!!!」
という証を示すことにしたのでした。

1406_PR-03_w150.jpg himitsu_04.png

それが、これ。

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの横腹に刻まれた、
「PARMIGIANO REGGIANO」の文字と、
「CONSORZIO」という焼き印。

「CONSORZIO」というのは、
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会
(Consorzio Del Formaggio Parmigiano-Reggiano)が定めた
基準にかなうチーズであるという意味です。

2年という長い熟成過程の中で厳しい審査が行われ、
それに引っかかってしまうと、×印を付けられて
もうパルミジャーノ・レッジャーノとは名乗れなくなるのだとか。

(き、厳しいのですね~><;
あ、ちなみに、横腹全面に「PARMIGIANO REGGIANO」ってあるのは、
カットして売られたりする場合にもちゃんとわかるようにだそうですよ。^^)



himitsu_03.png


そして、そんなパルミジャーノ・レッジャーノチーズは、
実はよく知られた他のイタリア名産品とも
深い関係にあります。

このチーズを作る過程で作られるホエー(乳清)は
豚にえさとして与えられ、
そこからあの有名なパルマの生ハム(プロシュート)が
作られているんです。

また、同じくこの地域の特産品であるバルサミコ酢
パルミジャーノ・レッジャーノとは相性抜群♪


kadan.gif


そんなわけで、次回はいよいよ
2kgのパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズを盛大にかち割って、
バルサミコ酢と一緒にいただいてみようと思います!

かち割ったばかりのパルミジャーノ・レッジャーノの
感動もののおいしさ
をお伝えできればと思うので、
ぜひぜひご期待ください☆


* *


本日の記事は、こちら ↓ の
レシピサイト 「Nadia」 様の企画ページより画像を数点お借りしました。
ありがとうございました^^

1406_PR-banner.jpg

↑ パルミジャーノ・レッジャーノの情報がいっぱい!
コンテストのお知らせもありますので、ぜひご覧下さい♪♪




line_tubul4.gif

  にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
最後までお読みいただき、本当にどうもありがとうございました♪


* * 


いつもの食卓を少し特別に Nadia



関連記事
パルミジャーノ・レッジャーノ・アンバサダー | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
こんにちは
庭乃桃さん、こんにちは。
いつもブログにコメントをくださりありがとうございます。

とても興味深いお話しですね!!
勉強になります。

バルミジャーノ・レッジャーノを活かしたお料理が食べたくなりました!!

全部ポチッと応援させて頂きます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。