--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/03/02

ブルゴーニュ風牛肉の赤ワイン煮込み (ブフ・ブルギニョン)


731_r.jpg

onion02.gif かたい牛肉をおいしくいただこうという知恵から生まれた、
フランスの家庭料理ブフ・ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮込み)。

牛肉とワインが名産の、
ブルゴーニュ地方の郷土料理です。

芳醇なワインとブーケガルニが
おいしさを引き立てます♪



fall01_02.gif

ご訪問ありがとうございます。^^
  にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
もし ↓ のレシピを気に入っていただけましたら、
お帰りの際に応援クリック頂けると嬉しいです♪



27.gif
★★★レシピ★★★
--------------------------------
+ ブルゴーニュ風牛肉の赤ワイン煮込み(ブフ・ブルギニョン) +
--------------------------------


【材料 (2~3人分)】

・牛肉(すね肉など好みの煮込み用部位)・・・・・400g
・ベーコン・・・・・70g
・小玉ねぎ・・・・・480g
・にんじん・・・・・大1本 (200g)
・マッシュルーム・・・・・1パック
・芽キャベツ・・・・・6個
・金柑の皮・・・・・金柑3個分

・油・・・・・適量
・バター・・・・・30g(玉ねぎ用)・10g(ベーコン・マッシュルーム用)
・砂糖・・・・・大さじ1
・小麦粉・・・・・大さじ4

・ビーフストック (市販のコンソメをお湯で溶いたものでも可)
                ・・・・・200cc
・「GABANブーケガルニ<ティーバッグタイプ>」・・・・・1袋
・塩・・・・・少々
・胡椒・・・・・少々

[A]
・にんにく(包丁の腹で潰したもの)・・・・・2片分
・漬け込み用野菜(セロリの葉・玉ねぎ)・・・・・適量
・赤ワイン・・・・・300cc


【作り方】

1). 牛肉は大きめにカットし、[A]に漬け込んで最低2時間~一晩おく。
  その後、牛肉だけ取り出して水気を切り、残りの漬け汁、
  漬け込んでいた野菜、にんにくは別に取っておく。

2). ベーコンは角切りに、他の野菜類は大きめに切る。

3). 鍋に油と 1) のにんにくを入れて火にかけ、香りが立ったら
  牛肉を入れる。塩・胡椒を振り、強火で全面こんがりと
  焼き付けたら、にんにくと一緒に一旦取り出しておく。

4). 同じ鍋に 1) の漬け込み野菜を入れて炒め、油がなじんだら
  小麦粉を振り入れてしっとりするまで炒める。

5). 赤ワインを加えて強火でアルコール分を飛ばし、ビーフストック、
  「GABANブーケガルニ<ティーバッグタイプ>」、金柑の皮を
  加え、さらに牛肉とにんにくを戻し入れてフタをし、2時間ほど
  煮込む。

6). フライパンにバターと砂糖を入れて熱し、砂糖が香ばしく溶けたら
  小玉ねぎを入れて炒める。100ccの水(分量外)を加えてフタをし、
  やわらかくなるまで蒸し煮して、5) の鍋に加える。
  同様に、ベーコン、マッシュルームもバターで炒め、5) に加える。

7). 最後に芽キャベツも加えて煮込んだら、塩・胡椒で味を調える。
  ブーケガルニを取り出していただきます。


◆牛肉の漬け込み時間について:
 お肉をやわらかくし、風味を付けることが目的なので、
 お使いのお肉の状態によって加減して下さい。
 (かたいお肉なら一晩おくのがおすすめです。)

◆柑橘類の皮を加えると、ほのかな風味がついて
 より美味しくなります。今回は旬の金柑を使いましたが、
 みかん、オレンジ、レモンなどお好みで。




kirikabu.gif


煮込み&シチュー料理レシピ
煮込み&シチュー料理レシピ  スパイスブログ


スパイス大使、2月のテーマは
「冬のごちそう♪あったか煮込み&シチューレシピ」

今回は、使いやすい
「GABANブーケガルニ<ティーバッグタイプ>」で
寒い日に嬉しいフランス家庭料理
作ります♪


m-stylmini49.gif


自然条件に恵まれたブルゴーニュは、
ワインだけでなく牛肉の産地としても有名。

けれど、このお料理は
本来あまりおいしくない部位のお肉を
おいしく食べるためのものなので、
農作業の合間に、コトコト長時間煮込むという感じで
作られていたようです。^m^


* * *


作り方は、以前ご紹介したビーフシチュー
とっても良く似ています。

かたい部位のお肉を使うので、
赤ワインと香味野菜で事前にマリネ。

それからお肉の旨味が逃げないように
全面をしっかりと焼き付けて、
やわらかくなるまでまず煮込みます。

わが家の作り方でシチューとちょっとだけ違えているのは、
玉ねぎをキャラメリゼしてコクを出し、
ベーコンやマッシュルームと一緒に後からお鍋に追加する
というところ。

一手間ですが、シチューのように
ブラウンソースを作るよりはなんだか気軽で、
お野菜ひとつひとつの味も楽しめるから
嬉しいんです。


tree32.gif


ほろほろに煮込まれたやわらかなお肉に
ワインとブーケガルニの良い香り♪

旨味はありながらもどこかやさしいお味で、
じ~んわり、おいしくいただきました☆



fall01_03.gif

  にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
最後までお読みいただき、本当にどうもありがとうございました♪

* * *




↑ 公認メンバーとして活動中☆
こちらにもレシピを掲載させていただいています。



関連記事
【煮込み料理】 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
No title
庭乃桃さん
ブルゴーニュ風牛肉の赤ワイン煮込み
素敵な赤ワインの煮込み料理
鬼くず柔らかくとても美味しそうです
コクがソースが嬉しいです
素晴らしいレシピ
有難うございます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。