--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/12

わが家の本格欧風ビーフカレー


534_r.jpg

onion02.gif 数種類のスパイスと手作りのブラウンソースで作る、
レストランの味にも負けない本格的な欧風ビーフカレー。

スパイスの素晴らしい香りはもちろんのこと、
深く濃厚でありながら、どこかやさしい味わいは
まさに手作りならではの美味しさです。

(一部工程を省略した、簡単ヴァージョンでも作れます♪)




★★★レシピ★★★

--------------------------------
+ わが家の本格欧風ビーフカレー +
--------------------------------

nekocook3.gif
 ★ 欧風カレーの作り方 ~ おおまかな流れ ~
 1. ビーフストック(出汁)を作る。
 2. ブラウンソース*を作る。
 3. カレー粉を入れる。
 4. 具材(ベースは炒め玉ねぎ)と一緒に煮込む。


 *ブラウンソースとは:
 シチューやカレーのもとになるブラウンルウをビーフストックで伸ばしたもの。
 ここにカレー粉が入ることで欧風の「カレールウ」ができます。



【材料 (2~3人分)】

・牛すね肉/すじ肉・・・・・300g
・玉ねぎ・・・・・1個
・マッシュルーム・・・・・1パック

・りんご・・・・・1/4個
・セロリ (※葉ごとざく切り)・・・・・1/2本分
・パセリ (※茎ごとざく切り)・・・・・大さじ3
・ハム/ベーコン・・・・・1枚

・赤ワイン・・・・・100cc
・トマトペースト・・・・・大さじ1
・塩/塩麹 (塩分30%のもの)・・・・・適宜

[A: ビーフストック用]
・水・・・・・適量 (※お肉がかぶる程度)
・にんにく・・・・・1片
・ローレル・・・・・1枚
・塩・・・・・小さじ1/2程度

[B: ブラウンソース用]
・小麦粉・・・・・大さじ4
・無塩バター・・・・・3片 (30g)
・ビーフストック (※[A]のスープ+足りなければ水を追加)・・・・・500cc

[C: 炒め玉ねぎ用]
・玉ねぎ・・・・・1個
・油・・・・・大さじ2
・クミン (シード)・・・・・小さじ1/2
・塩・・・・・少々
・ローレル・・・・・1枚
・にんにく (みじん切り)・・・・・1片分
・無塩バター・・・・・1片 (10g)

[D: オリジナルカレーパウダー]
・「ハウス レッドペパー」・・・・・小さじ1/8
・「ハウス クミン」(パウダー)・・・・・小さじ1
・「ハウス ターメリック(うこん)」・・・・・小さじ1/2
・コリアンダー・・・・・小さじ1/2
・カルダモン・・・・・小さじ1/4
・フェヌグリーク・・・・・小さじ1/4
・クローブ (パウダー または ホール)・・・・・小さじ1/4 または 4本
・シナモン (パウダー)・・・・・小さじ1/8


【作り方】

1). 圧力鍋でビーフストックを作る。
  牛肉は一度熱湯で茹でこぼしてアクを綺麗に取り除く。
  肉の表面と鍋をぬるま湯でざっと洗い、改めて肉と[A]を鍋に入れたら、
  5分~10分程度加圧する。(粗熱が取れたら肉とスープを分けておく。)

2). [B]の材料でブラウンソースを作る。
  フライパンに小麦粉を入れて中火で乾煎りし、香ばしい匂いがして
  薄茶色になってきたら一旦火から離す。バターを加えてよく練り、
  まだ色が薄いようなら弱火にかけてチョコレート色になるまで混ぜる。
  
     Braunsosse.jpg

  仕上げにビーフストックを少しずつ加えていき、
  その都度よく混ぜながら滑らかなソース状にすれば完成。


3). [C]の材料で炒め玉ねぎを作る。
  玉ねぎ1個はスライスまたはみじん切りにし、平皿などに広げて
  電子レンジで加熱する。(※炒め時間短縮のため。700Wなら6分程度。) 
  大きめの鍋に油とクミンシードを入れてパチパチ音がするまで熱したら、
  玉ねぎを加えて飴色になるまでじっくり炒める。
  途中で塩を振り、半分に折ったローレルとにんにくも炒め合わせ、
  バターも溶かし入れておく。

4). 具材を準備。
  玉ねぎ1個はくし型に切る。
  マッシュルームは石突を取り、厚めにスライス。
  1). で下茹でしておいた肉は食べやすく切っておく。

5). 香味野菜と旨味出し用の食材を準備。
  りんごは芯を取って皮ごとすりおろす。
  セロリ、パセリ、ハム(またはベーコン)はすべてはざく切りにする。

6). いよいよカレー作り
  炒め玉ねぎを作っていた 3). の鍋に 4). と 5). を
  すべて入れてざっと炒め、よく混ぜた[D]のカレー粉を
  加える。スパイスに火が通り、全体がしっとりするまで炒める。

7). 赤ワインを加えて強火でアルコール分を飛ばし、
  2). のブラウンソースとトマトペーストを加えて混ぜ、
  蓋をして弱火で煮込む。

8). 最後に味をみて、塩 (※煮込み時間が足りない場合は
  塩麹の方がおすすめ) と粗挽き黒胡椒を加えればできあがり。
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ringomuki.gif

 ◆上のレシピは、すべてを手作りした場合の
  フルヴァージョン
になります。お好みで、
  部分的に以下のように省略することも可能です。


  手順1).→ 市販のビーフストック&薄切り肉を使用。
           (※この場合、肉は 6).のタイミングで投入。)

  手順1).&2).→ ブラウンソースを作るかわりに、
            シチュー用ルウ(少なめ)+水を加える。
           (※これだと、ビーフストック、ブラウンソース両方の手順を省けます。)

  手順3).→ 市販の玉ねぎペーストを使用。
           (※スーパーのカレー売り場などに専用のものが売られています。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sansuberia.gif

 ◆カレー粉用スパイスも、全部揃わなくても構いません。
  (下の表を参考に、お好みで組み合わせてみて下さい♪)



  各スパイスの役割:
     レッドペパー・・・・・辛味
     クミン・・・・・カレーの香り
     ターメリック・・・・・カレーの色  (※以上、必須。)

     コリアンダー、カルダモン、フェヌグリーク・・・・・味のキレ、深み、爽やかさ
     クローブ、シナモン・・・・・コク・深みをプラス、牛肉の味を引き立てる



line22.gif






mono67.gif

スパイス大使モニター、5月のテーマは
「手作りカレーパウダーで本格派!わが家で人気のカレーレシピ」

今回いただいたモニター用スパイスはなんと、

201205_all.jpg

*ハウス*
クミン
レッドペパー  
ターメリック(うこん)
ジンジャー <ドライミックス>
ガラムマサラ

の計5品!!


今月はこれで手作りのカレー粉を作り、
簡単に作れるもの~本格派まで、
いろいろな美味しいカレーレシピをアップしていきたいと思います♪


m-style91.gif


初回の今回は、
最初からかなりの本格派…!!

カレー粉の調合からベースとなるルウまで、
一からすべて自作する、絶品ビーフカレーです^^

…とは言っても、上のレシピにも書きました通り、
その日のやる気や気分によって
かなり省略した形でも作れる
のが
嬉しいんです♪


kit6.gif


一口に「カレー」と言っても
世界中にいろいろなカレーがありますけれど、

欧風カレーの特徴は、何と言っても
シチューのようなまろやかなコク&旨味
その後に続くスパイシーさ。

(いわゆる "ホテルのカレー" のイメージかな? ^m^)


この両方を出すためには、
美味しいお出汁
まろやかなコクの素
そしてさらに、
風味豊かなスパイス
が必要です。

そのために、まず
ビーフストック (=美味しいお出汁)と
ブラウンソース (=まろやかなコクの素)を作り、
そこに自分好みにブレンドしたカレー粉 (=風味豊かなスパイス)
を加えていくことになります。^^

(※ちなみに、ここでカレー粉を加えなければ
ビーフシチューができます。参考レシピはこちら。)


kit14.gif


細かい手順はレシピに書きましたのでもう触れませんが、
とにかく手作りカレーは、
カレー粉を自分でブレンドしてみるだけでも
ものすごく味に差が出るんですよね…!!

カレー粉を調合するって、なんだか最初は非常~~~~に!
敷居が高く感じられるものですが
(←私も以前は思いっ切り "やらず嫌い" でした。笑)

一度要領がわかると、
自分好みの味&香りにできるので
すごく楽しいです♪♪





…とは言っても、初めての時って
一体どこから手を付けて良いのかも
わかりにくいかと思いますので、
とりあえず私の場合のコツ(?のようなもの)
を少し。


え~・・・

1. まずは加える分量によって一番味に差が出やすい
レッドペパーで辛さを決めまして

(普通は小さじ1/8くらいで十分。
これで、食べた時に、後からじんわり「おぉ…!ちょっときた~!」
と感じるくらいの中辛?程度かと思います。^^)

その後、
2. 「食べたいカレーのイメージ」を思い浮かべながら、
クミン(=香りのベース)とターメリック(=色のベース)を中心に
他のスパイスを少しずつ(小さじ1/8~1/4くらいずつ)加えていき、
そのたびに香りを確認していきます。


たとえば今回のカレーの場合、
私の作りたかったイメージというのは

「ホテルのレストランのカレーみたいに
食べ応えがあって、コクがあって、味が深~い感じの、
まろやかだけれど、スパイシーさもあるビーフカレー♪♪」


・・・でした。

(なんだかとんでもなくアバウトですみません。笑涙


で、それを常に頭に思い浮かべながら
スパイスを少しずつ合わせていってみたところ、
このような配合になったんですよね。f^-^;

ですからやっぱり、
「ビーフカレーと言えばこういう感じな気がする!」とか、
「こんな感じのカレーが食べたい~!」とか、

本当にそんなことからで構わないので
「自分が食べたいカレー」のイメージを持つというのが
一番の近道
じゃないかという気がします。^^


kit32.gif


さて、そんなこんなで作っておりますわが家のカレー、
一からすべてを手作りしますと、
やはりとんでもなく美味しいです…!!

まさに、「おうちにいながら
ホテルのレストランみたいなカレーが食べられるとは~~!!」
という感動が味わえます。^^

レシピ最後に書かせて頂いた通り、
スパイスをたくさん揃えなくても
基本の3種 (辛さのレッドペパー、香りのクミン、色のターメリック)
があれば、さしあたりカレーを作ることができます♪



そして、今回頂いたハウス食品さんのスパイスは、
そんな初めてのオリジナルカレー粉作りにも
ぴったり。^^

なぜってこちらのスパイスたち
(たまたま店頭でも拝見したんですけれど)、
一瓶の価格はかなり低めに抑えられているのに、
香りはとってもしっかりしているんです…!!


私も世界各国のカレーについてはまだまだ勉強中なのですが、
ぜひこの機会に、こちらのスパイスでいろいろなカレーに
チャレンジしてみたいと思います☆

また美味しいのができたら、
ぜひこちらでもご紹介させていただきますね~(*^m^)


(あ、でもその前に、
今日ご紹介させて頂きましたビーフカレーも
特別な日に、ご家族皆さんで作って
楽しんでいただくのにピッタリの一品ですので、

よろしければぜひ、母の日や父の日などに
チャレンジしてみてくださいね~☆☆)



手作りカレーパウダーの料理レシピ
手作りカレーパウダーの料理レシピ



 h1.gif hana2.gif hana3.gif


本日はなんと、ブログ始まって以来の最長記事!!!

最後までお付き合いいただき、本当にどうもありがとうございました。

   
   にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ

↑↑↑   ↑↑↑   ↑↑↑

レシピ作り・ブログ更新の励みになりますので、
お帰りの際に応援クリックいただければ
とても嬉しく思います。^^

訪問して下さった皆様に、心より感謝♪

関連記事
【煮込み料理】 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
庭乃桃さん、こんにちは。
いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。

本格的なカレーですね!!
とても魅力的です。
カレーは、個性が出ますよね。
美味しさ満点ですね!!

全部ポチッと応援させて頂きます。
庭乃桃さん
素晴らしいビーフカレー
手の込んだ調理 スパイス
素晴らしいです
有り難うございます
こんにちは!
すっごく 美味しそうな 本格派カレーですね!
スパイスは奥が深くて、勉強をしなくしては・・・と思います(*^_^*)
自分で 調合できるっていうのは とっても素敵な事ですね☆
私も、カレーを作らなくっちゃ♪
ビーフストックから手作りって~すごいヽ(^。^)ノ
スパイスもいろいろあるんだ~♪
カレー食べたくなってきた!\(◎o◎)/!
凸凸
庭乃桃さん、こんにちは!
カレーをここまで最初から作るのは、とても大変な作業ですが、それは味にしっかり現れるのですね。時間があるときに挑戦してみたいです^0^
本日(5月12日)の私のブログで、庭乃桃さんのホワイトアスパラガスのつくレポを掲載させて頂きました。その中で庭乃桃さんのお名前とリンクを使わせて頂きました。
報告が後になりました。(いつもです…)
時間があるときにでも、是非読んでいただけたら嬉しいです。また、内容に問題がありましたら、教えて下されば、幸いです。もちろんすぐに直しますので。
いつも美味しいレシピ、とても楽しみにしています。ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。