--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/12

圧力鍋で作ろう♪ 本格ビーフシチュー

386_r.jpg

eggs.gif ルーから手作りする本格的なビーフシチュー。
でも圧力鍋を使うので思ったよりも簡単にできます。

味の決め手は何と言っても
一から手作りするブラウンソース(=シチューのベース)。
焦がしバターのコクとたっぷり加えた香味野菜が、
市販のルーでは味わえない豊かなおいしさを生み出します。

特別な日のごちそうにピッタリの一皿ではありますが、
ここで使う肉の下味や加える具材などは
市販のルーで作る場合にも応用が可能です♪



-------------------------------------
+ 圧力鍋で作ろう♪ 本格ビーフシチュー +
-------------------------------------

【材料 (4人分)】

・牛肉 (シチュー・カレー用/バラ肉/スネ肉など)・・・・・400g
・ベーコン または サラミ・・・・・20g

・玉ねぎ・・・・・200g(中サイズ1個)
・にんじん・・・・・300g(3本)
・じゃがいも (メイクイーンなど煮崩れしにくいもの)・・・・・400g(中サイズ4個)
・きのこ類・・・・・200g

・バター・・・・・30g
・小麦粉・・・・・大さじ4
・ビーフストック (市販のコンソメをお湯で溶いたものでも可)・・・・・500cc

・油・・・・・大さじ1×2回
・赤ワイン・・・・・200cc

・生クリーム または コーヒーフレッシュ・・・・・適量
 

[A: 牛肉下味用]
・オリーブオイル
     ・・・・・大さじ1~2 (※脂身の少ないお肉を使う場合はやや多めに)
・バルサミコ酢・・・・・大さじ1杯半
・蜂蜜・・・・・大さじ1杯半
・香味野菜 (セロリの葉・玉ねぎ・にんじん・パセリの茎などをざく切りしたもの)
                         ・・・・・合わせて200gくらい
・にんにく (包丁の腹で潰しておく)・・・・・3片
・タイム (ドライでも可)・・・・・小さじ1/2

[B: 味付け用]
・トマトペースト または ケチャップ・・・・・大さじ1
・ローリエ・・・・・1枚
・水 または 赤ワイン・・・・・適宜 (※必要に応じて具材が隠れるくらいまで)


【作り方】

1). 牛肉は冷蔵庫から取り出して適当な大きさに切り、
  [A]を揉み込んだらそのまま30分ほど常温に置いておく。

2). その間にブラウンソースを作る。
  フライパンに中火でバターを溶かして小麦粉を大さじ1ずつ振り入れ、
  その都度ヘラでかき混ぜながら全体が茶色がかるまでじっくりと炒める。
  その後、ビーフストックを少しずつ加えてダマにならないよう
  手早く混ぜながら丁寧に伸ばしておく。

3). 1). から牛肉だけ取り出し
  (※残りの漬け汁は後で使うので野菜ごと取っておくこと)、
  塩・胡椒 (分量外)をややきつめに振ってから小麦粉を薄くまぶす。
  圧力鍋に油を熱して強火で肉を炒め、
  全面にこんがり焼き色を付けたら一旦取り出す。

4). 圧力鍋に再び油を熱し、今度は 1). で使った漬け汁を野菜ごと入れ
  (※水分が入ってはねるので注意!)、さらに適当な大きさに切った
  ベーコンも加えて、鍋底に残った肉の旨味と小麦粉を
  こそげ落とすようにしながら炒める。

5). 4). に具材の野菜類も加えて油をなじませたら、赤ワインを加え、
  アクを取りながら一煮立ちさせてアルコール分を飛ばす。

6). 最後に、取り出しておいた牛肉とブラウンソース、さらに[B]も加えて蓋をし、
  具材がやわらかくなるまで煮込めば出来上がり。

7). 仕上げに塩・胡椒で味を調え、生クリームを添えていただきます。


◆ハーブ類(パセリ・ローリエ・タイム)を揃えるのが大変な場合は、
 [B]のタイミングでブーケガルニを入れてもOKです。

◆圧力鍋で作る場合は、[B]の水または赤ワインはあまり多く入れない方が
 濃厚な味に仕上がります。逆に普通のお鍋でじっくり煮込む時は、
 途中で水分が足りなくなりますので適宜足して下さい。


            Tulip4.gif

Cpicon 圧力鍋で作ろう♪ 本格ビーフシチュー by 庭乃桃


Rindereintopf.jpg

こちらドイツでは、いわゆるシチュー用のルーというのが
なかなか買えないので、食べたくなったらどうしても
一から手作りすることになります。^^

でもこれが結構おいしくて、自分で言うのも何ですがまさに絶品♪(笑)

本当は長時間かけてコトコト煮込むのが一番おいしいと思うのですが、
ちょっと余裕がない時などはやはり圧力鍋に頼っちゃいます。

よく「圧力鍋でシチューを作るとお肉がパサパサになる」、
なんて言われることがあるようですが、下味に一工夫するこの作り方なら
比較的脂身の少ない部位でもしっとりジューシィ、
ホロホロに仕上がります。^^

ポイントは、お肉にたっぷりの香味野菜とオイル、
そしてやわらか効果&旨味効果のバルサミコ酢を揉み込んでおくこと。
さらに蜂蜜も入るので、圧力鍋で煮込んでも
お肉がかたくならず、ジューシィさも損なわれずにおいしくできますよ♪


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★


08tomato.gif 何と言っても、一から手作りする場合は
ブラウンソース作りが大変に感じられると思います。

でもこれ、要は溶かしたバターに小麦粉を少しずつ加えてじっくりなじませ、
ちょっと色付いたら混ぜ、またちょっと色付いたら混ぜを繰り返すだけ。
最初粉っぽかったものが徐々になめらかになり、
最後にビーフストックを加えると一気にかさが増えます。
(この時、ダマにならないように熱い内に丁寧に伸ばしておくといいです。)


それでも、どうしてもこれが面倒なら市販のルーを使っても。

その場合も、お肉にこの下味を揉み込んでおいて、
さらに味出しのベーコンを少し加えて野菜と炒め合わせておくと
普通のシチューが驚くほど本格的な味に大変身…!
ぜひぜひおすすめしたい裏技です。^^
(→ちなみにこれ、ハッシュドビーフにも応用できます。)


このシチューを作っている時って、
お肉を漬け込んでいるそばから香味野菜の良い香りがして
思わずウットリしてしまいます♪

やがてブラウンソースに取りかかると、
今度は焦がしバターからと~っても良い香り!

そして肝心のお味はと言えば、複雑で濃厚、
でも全くくどくなくて、思わず顔がほころんじゃうんですよね。*^^*

いつもよりちょっぴり手間はかかりますが、
作っている人も食べる人も何だか幸せな気持ちになれる、
そんなおいしいシチューです。






にほんブログ村 料理ブログへ

人気ブログランキングへ  
↑ た~くさんあって、ごめんなさい;
もし記事を気に入っていただけましたら、順にクリックいただけると嬉しいです。


いつも応援、ありがとうございます。
レシピ作り・ブログ更新の励みになっています。感謝☆





関連記事
【煮込み料理】 | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
こんにちは
庭乃桃さん、こんにちは。
いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。

とても美味しそうなビーフシチューですね。
ブラウンソースを、しっかりと作りこんでいるのが魅力的です。
圧力鍋の活用の仕方も素晴らしいですね。

お野菜もたっぷりで最高です!!

全部ポチッと応援させて頂きます。
(応援は、日付が変わる前にさせて頂きました。)
これは本当に本格的
なので私には絶対作れないだろうビーフシチュー^^;
でも作ってくれたらもちろん爆食いしますよ(笑)
↓の肉味噌入りミニ春巻きはお弁当にも良さそうですね^^
うわぁ~!おいしそう。
昨日今日と肌寒いんです。
そう、まさにシチュー向きの日。
あまりにも美味しそうです♪

圧力鍋でお肉を煮ると、しっとりできないの。
なるほど!そうすればいいのですね!
ありがたいわ~♪♪
本格的~☆彡
すごいね~!
めちゃおいしそうです。
てか、お店でいただくような見事な出来栄えです☆彡
私も先日、肉がすごーく食べたくなって、
結果”牛丼”になりました<爆
イライラする時は、”肉”に限ります(笑
庭乃桃さん、おひさしぶりになっちゃいました!

本格ビーフシチューってタイトルについコメント~♪
私にも本格的なビーフシチュー作れますか~?
庭乃桃さんのレシピはとてもわかりやすいですねー。
圧力鍋(ルクルーゼ)でレストランみたいなビーフシチュー作ってあげるぜい。家族にv( ̄∇ ̄)
写真も素敵♪♪

応援しますとも~(笑。
ポチ☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。