--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/04

柚子香る 鮭の西京焼き

302_r.jpg

eggs.gif 年末最後の買い物で、とても綺麗な皮付きの鮭が買えました。

お正月用に、切り身を早速西京漬けに。
こうしておけば、生魚でも日持ちがするし、
当日はただこれを焼くだけでいいからとっても楽ちん。

お正月らしく、柚子の香りを少し加えました。
白味噌の力でじっくり旨味が熟成された西京焼きは、
簡単だけれどとてもおいしくて、日本の食文化って
本当に素晴らしいなと改めて実感。



-------------------------------
+ 柚子香る 鮭の西京漬け +
-------------------------------

【材料 (4人分)】

・生鮭 (切り身)・・・・・4切 (約350g)
・塩・・・・・少々

[A]
・白味噌・・・・・大さじ3
・酒・・・・・大さじ2
・味醂・・・・・大さじ1
・砂糖・・・・・大さじ1杯半
・柚子の皮 (フリーズドライでも可)・・・・・適量


【作り方】

1). 鮭の切り身は、両面にごく薄く塩を振って10分程置いておき、
  出てきた水分をキッチンペーパーできっちり拭き取る。

2). よく溶いた[A]を切り身の両面(皮目も忘れず)に塗り、
  空気を抜くようにラップでぴっちり包んで、ビニール袋に入れて
  冷蔵庫で寝かせる。

3). 2~5日で食べ頃に。
  切り身に付いた味噌だれをキッチンペーパーでしっかりと拭い、
  魚焼きグリルやトースターで焼いていただきます。


◆最初にごく軽く塩をしておくと、水分と一緒に臭みも抜けて
 すっきりした味に仕上がります。

◆鮭は、味噌だれが付いたままだと焼く時にとても焦げやすいです。
 少し焦げ目が付いたくらいがおいしいのですが、
 火が通る前に焦げてしまいそうな場合は途中からホイルをかぶせます。


            Tulip4.gif

Cpicon 柚子香る 鮭の西京焼き by 庭乃桃


08tomato.gif 彩りと箸休めを兼ねて、
今回はおせち用に作った紅白なますを添えてみました。

これがやさしい味の西京漬けともよく合って、なかなかに美味♪

甘味のある白味噌と柚子のやさしい風味が、鮭本来の味を邪魔することなく
そっと引き立てていて、本当においしいです。

今年もこの他に、できる範囲でお雑煮やおせちのお料理を
いろいろ作ってみました。

ドイツで過ごすお正月は飾り付けも食事もなかなかままなりませんが、
こんなちょっとしたおいしいお料理があるだけで、
日本のお正月の雰囲気を味わえるのが嬉しいです。
*^^*




今日も最後までお読みいただきありがとうございました♪
「このレシピ、なかなかいいかも?」と思っていただけましたら、
お帰りにポチポチポチッと励ましのクリックをお願いいたします。
更新の励みになります☆




にほんブログ村 料理ブログへ

人気ブログランキングへ




関連記事
【ご飯のお供】 魚介類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。