--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/09

たっぷり野菜とチキンの塩ポトフ

私も登録しておりますCOOKPADには、
自分の投稿した各レシピに対して
一日にどの位のアクセスがあったのかを
一目で知ることができる
という便利な機能が付いていたりします。

そちらで近頃どうやら大人気なのが、ポトフ。
やはり日本でも、クリスマスが近付いて
本格的に寒くなってきているからでしょうかしらね?

そこで今日は、
そんなクリスマスのおもてなしにもピッタリな
骨付きチキンを使った美味しいポトフ
のご紹介です。

チキンの出汁と塩の旨味で作る、
すっきりとした味わいのポトフ。
白ワインも入って結構本格的なお味ですが、
案外簡単に作れるのでおすすめです。♪


175.jpg

-----------------------------------------------------
たっぷり野菜とチキンの塩ポトフ
-----------------------------------------------------

【材料 ( 2人分 )】

〔鶏肉〕
・骨付き鶏肉 (もも、手羽元など)・・・・・2本~4本
・オリーブオイル・・・・・大さじ1
*塩・・・・・少々(きつめ)
*粗挽き黒胡椒・・・・・少々(きつめ)
*ガーリックパウダー・・・・・少々(きつめ)

〔お好きな野菜類・以下は一例〕
・玉ねぎ・・・・・2個
・にんじん・・・・・2本
・じゃがいも・・・・・4個
・キャベツ・・・・・1/8個
・マッシュルーム・・・・・4個

〔味付け〕
・白ワイン・・・・・100cc
◎水・・・・・適量
◎塩・・・・・小さじ1~1杯半
◎ローリエ・・・・・2枚
・パセリ(彩り用、なくても可)・・・・・適量

〔トッピング・以下からお好みでチョイスして下さい〕
・茹で卵・・・・・2個
・サワークリーム・・・・・適宜
・マスタード・・・・・適宜


【作り方】

1). 鶏もも肉は、表面に包丁かフォークの先を満遍なく刺し、
  味が染み込みやすいようにしておく。
  野菜類は大振りに切っておく。

2). 大きめの鍋にオリーブ油を熱し、鶏肉を皮目の方から
  しっかりと焼き付ける。
  こんがり焼き目が付いたらひっくり返し、*印を振る。

3). 同様にして、*の味を馴染ませつつ
  お肉の全ての面をしっかりと焼き付けたら、
  一旦鶏肉を皿などに取り出しておく。

4). ここでいよいよ野菜を投入。
  同じ鍋に玉ねぎ・にんじんを入れて軽く炒め、
  白ワインを加えて香りを出したら、
  じゃがいもを入れ、鶏肉も再び戻し入れる。

5). さらに◎を加えて一煮立ちさせ、後は弱火でコトコト。
  途中でキャベツとマッシュルームも加え、
  野菜が柔らかくなれば出来上がり。

6). スープによく合うゆで卵(オススメ!)や、
  コク&さっぱりのサワークリーム、
  お肉と相性の良いマスタードなどを添えて召し上がって下さい♪

◆最初に鶏肉の表面をしっかり焼き付けておくことで、
 旨味を中に閉じ込めます。

◆野菜類はぜひお好きな物をチョイスして下さい。
 (ちなみに野菜を入れる順番は、
  おおよそ
 「香味野菜を炒めて香りを出す→
  火の通りにくい野菜を入れる→
  早く煮える野菜を入れる」といった感じです。)

◆塩の量は、入れる野菜の種類や水分量によって加減して下さいね。


-----------------------------------------------------
↓COOKPAD版レシピはこちら。
Cpicon たっぷり野菜とチキンの塩ポトフ by 庭乃桃
-----------------------------------------------------

ご承知の通り、
ドイツでは美味しいソーセージや厚切りのハムが
とても手軽に手に入ります。

それゆえポトフと言えば、
わが家では例の「野菜とソーセージのあったかポトフ
を作ることが多いのですけれども、
実はこの骨付きチキンのポトフも、頗る美味しくて
捨てがたい!!!

もっとも、ドイツの鶏もも肉は全て骨付きなので、
まずはそれを自分で解体する所から
作業を始めねばなりません。

でも段々慣れてくるとそれも上手にできるようになるので、
今回のポトフでもその骨付きもも肉の旨味を
存分に活かしたレシピになっています。

…というか、これだとあれなんですね、
半分に切った骨付きもも肉をそのまんまで使えるから、
正直、楽ちんなんですね!(*^^*)ゞ

ですのでわが家では、
鶏もも肉を買った冬の日の夜はこのポトフ、
という寸法です。


始めに鶏肉の表面をしっかり焼き付けてから
煮込むとあって、旨味の閉じ込められた
ほろほろのお肉はとってもジューシィー

チキンのお出汁と白ワイン、ハーブの香りを
たっぷり吸った野菜はしみしみです。

味のイメージは、まさに洋風おでん
日本でなら、手羽先や手羽元、もも肉など
美味しくて手軽に使えるお肉が
いろいろと手に入ると思うので、
お好きな野菜と組み合わせて楽しむことが
できるかと思います。

ちなみにわが家一押しのオプションは、
茹で卵です!グー(^-^*)



「このレシピ、なかなかいいかも?」
と思っていただけましたら、
どうかポチポチッと励ましのクリックをお願いいたします♪



人気ブログランキングへ
Ich wünsche Ihnen allen Frohe Weinachten!
いよいよ12月。どうぞ素敵なクリスマスを!




にほんブログ村 料理ブログへ




関連記事
【煮込み料理】 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
やっと最近お肉を食べる頻度が増えてきたトコです。(笑)
>あっちゃんさん
こんにちは~♪(*^-^)ノ

ドイツのハムやソーセージは、やっぱりとても美味しいです。
これだけでしっかり出汁が出るし、
何しろ手軽に使えるのが良いですよね。

お肉類は結構骨付きのものが多いし
スーパーなどでは薄切り肉も売られていないので、
自分でも何とか骨くらいは外したり、
半解凍にしてスライスしたりしています。
(それでも実はやっと最近慣れてきたトコなんです。
(*^^*)ゞ)

クリスマスの夜は、パパさんはお仕事なんですか!
でも皆そろって食べられるのが、やっぱり一番楽しいですもんね♪
クリスマスって、何だかウキウキしますよね~♪♪
26日、楽しみですね( v^-^)☆
どちらもおいしそうw
庭乃桃さん、こんにちは。

どちらもおいしそうですぅw
だけど、このソーセージ。
これだけで、もうおごちそう気分が出ますね☆

鶏も解体しちゃうんですね、す、すごいっ。

今年のクリスマスはパパの仕事の都合で、
日にち通りにできないので、
我が家のクリスマスは、26日なりそうです( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。