--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/11/10

根菜もたっぷり * 牛すじ煮込み


921_r.jpg

mi_20141204121357cac.gif 下ゆで済みの牛すじとそのスープを使い、
電子レンジと併用することで時短でやわらかく仕上げた牛すじ煮込み。

赤みそを使ってコクたっぷりに仕上げました。
根菜もたくさんいただけます。



line_tubul1.gif

ご訪問ありがとうございます♪

  にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
↓ のレシピを気に入っていただけましたら、
お帰りの際に応援クリック頂けると励みになります。
よろしくお願いいたします。



27.gif
★★★レシピ★★★
--------------------------------
+ 根菜もたっぷり * 牛すじ煮込み +
--------------------------------



【6人分】

・「下茹でした牛すじ」・・・・・450g程度
・大根・・・・・200g
・にんじん・・・・・100g
・ごぼう・・・・・100g
・こんにゃく・・・・・2枚
・ねぎ・・・・・適量
・七味唐辛子・・・・・適量

[A]
・だし汁・・・・・1カップ
・「牛すじのスープストック」・・・・・1/2カップ
・酒・・・・・大さじ2
・みりん・・・・・大さじ2
・きび糖・・・・・大さじ2

[B]
・赤みそ・・・・・大さじ1~1杯半
・醤油・・・・・大さじ1


【作り方】

1). 大根、にんじんはいちょう切りにする。
  ごぼうは一口大の乱切りにし、水にさらす。
  以上を耐熱皿に入れ、ラップをかけて10分加熱する(※600W)。

2). こんにゃくはスプーンで一口大にちぎり、塩(分量外)でもんでから
  熱湯で下茹でする。

3). 鍋に 1)の根菜類と 2)のこんにゃく、[A]を入れて火にかける。
  煮立ったらアクを取り、蓋をして弱火で約20分煮込む。

4). [B]を溶き入れ、さらに10分煮る。

5). 刻んだねぎと七味唐辛子を添えてお召し上がり下さい。


20151009_01.jpg

  
◆赤みそを最後に加えるのがポイント。みその香りが引き立っておいしくできます。




i25.gif

先日の牛すじ肉の下処理と、ついでに作ったビーフストック
やはり和食での一番の定番といえば、こんな煮込みですよね。kaomozi10.gif

寒くなってくるとますますおいしくなるから、
わが家では根菜類とこんにゃくをたっぷりと入れて一緒に煮込みます。

赤みそを加えると、やはり一層深い味になっておいしい~♪



367_2_recipe_w300.jpg




結局、おいしく作ろうと思ったらそれなりに煮込み時間はかかるんだけれど、
最初に根菜だけレンジで加熱しておいて少し時短しています。

赤みそを後入れして、風味を立たせるのが一番のポイントです。kaomozi13.gif



mono9.gif

いつもまとめて作るので、何度か温めなおして食べることを考えると
最初は少し赤みそを少なめにしておきます(わが家はだいたい、大さじ1くらいで十分?)

夫殿は、たっぷりのねぎに七味唐辛子を振ってご飯と一緒に食べるのが大好き。kaomozi03.gif

お酒にももちろん合いますが、ご飯のお供としてもやはり最高ですね♪



* * *


i-chep.gif 料理家レシピサイトNadia/ナディアで、
コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
nadia_colum_01.jpg


i-chep.gif パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズの
アンバサダーをやらせていただいています♪
PR2015_banner_05.jpg


i-chep.gif 電子書籍レシピ本4冊も発売中です!
niwamomo-01_04_w100_03.jpg




line_tubul1.gif

今日も最後までお読みいただきありがとうございました☆
(↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています。
よろしければお帰りの際にポチッとよろしくお願いいたします。)



FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ




関連記事
【常備菜】 お肉 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
No title
庭乃桃さん
根菜もたっぷり * 牛すじ煮込み
美味しそう
すてきなお料理
丁寧なレシピありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。