--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/09/16

パルミジャーノ・レッジャーノ出汁香る 秋のミネストローネ


904_r.jpg

mi_20141204121357cac.gif 夏に収穫され、秋においしくなってくる
かぼちゃを使ったミネストローネ。

お鍋の蓋を開けた途端、たちまち広がる
パルミジャーノ・レッジャーノの良い香りの秘密は、
煮込む時に加えたチーズの外皮。

その深い旨みと風味が具材にもしっかりしみ込み、
たっぷりの野菜が本当においしくいただけます。



line_tubul1.gif

ご訪問ありがとうございます♪

  にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
↓ のレシピを気に入っていただけましたら、
お帰りの際に応援クリック頂けると励みになります。
よろしくお願いいたします。



27.gif
★★★レシピ★★★
--------------------------------
+ パルミジャーノ・レッジャーノ出汁香る 秋のミネストローネ +
--------------------------------



【材料 (4~6人分)】

・かぼちゃ・・・・・1/4個 (正味約350g)
・ベーコン・・・・・2枚
・セロリ・・・・・130g (葉の部分でも可)
・エリンギ・・・・・大2本
・トマト・・・・・2個
・にんにく・・・・・1片
・オリーブオイル・・・・・大さじ2
・パルミジャーノ・レッジャーノ(すりおろし)・・・・・適量

[A]
・水・・・・・3カップ
・パルミジャーノ・レッジャーノの皮(刻んだもの)・・・・・大さじ1程度
・塩・・・・・小さじ1/4
・ローリエ・・・・・1枚


【作り方】

1). パルミジャーノ・レッジャーノの外皮だけをチーズから切り取り、
  濡らしてかたくしぼったキッチンペーパーで表面を拭く。
  その後、包丁で1cm角に切る。
  
2). 種とワタを取ったかぼちゃと、セロリ、エリンギ、トマトは
  1cm角に切る。ベーコンは細切り、またはさいの目切りに。
  にんにくは芽を取ってみじん切りにする。
  
3). 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、
  香りが立ったらベーコンとセロリを入れてしんなりするまで炒める。

4). 続いてかぼちゃとエリンギを加えて油がなじむまで炒め、
  トマトも加えて炒め合わせる。

5). [A]を加え、アクを取りながら、弱火でフタをして
  具材がやわらかくなるまで煮込む。
  すりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノをさらにかけても。


2015091501.jpg


◆パルミジャーノ・レッジャーノの外皮はそのままだととても硬い
 のですが、煮込むと良い出汁が出るほか、触感ももちもちして
 とてもおいしいです。スープなど、煮込み料理にはぜひ加えてみて下さい。




ushi001.gif

早いもので、9月ももう半ば。

今月もこちらの企画(↓)に伴い、パルミジャーノ・レッジャーノ・アンバサダー
としてこのチーズの魅力をご紹介させていただきたいと思います♪


PR2015_banner.jpg

hanepen02.gif イタリアチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」
おいしさを知っていただくため様々な食べ方をご提案!
 (←クリックで特設ページへ)



li0h.gif



今月お届けしたいのは、パルミジャーノ・レッジャーノの外側の皮の利用法

このチーズを大きめの塊で購入すると、この皮の部分が付いてくるのですが、
実はここ、ちゃんと食べることができます。


PR2015_2_04.jpg

↑こんな風に、"本物" のパルミジャーノ・レッジャーノであることを示すあの刻印が入っている部分ですね♪


今回は、少し肌寒い日も多くなってきたこの季節には嬉しい、
かぼちゃたっぷりのミネストローネに加えて煮込んでみました。

収穫後に数週間熟成させてから出荷されるかぼちゃは、
夏野菜ですが、実は今が一番おいしい時期。

甘みが増してホクホク、スープに入れても本当においしいです。kaomozi10.gif


344_2_recipe_w300.jpg



お鍋の蓋を開けた途端、すでにパルミジャーノ・レッジャーノの香り。
ふわ~っと香って、旨みのある豊かな風味が野菜にしみて本当においしい!!

味付けはあと塩くらいしか入れていないのに、
出汁いらずで最後の一滴まで飲み干したくなるおいしさですよ~。kaomozi13.gif



line261.gif


パルミジャーノ・レッジャーノの黄色っぽい外の皮の部分には
脂肪がしみ出していて、旨みもタップリ。

しかも風味が野生的で強いというか、火を入れるともちもちっとした触感になって
スープの具としてもおいしいんです。

知らないと捨ててしまいそうになる外皮、ぜひぜひ無駄なくご活用くださいね!kaomozi08.gif


line22.gif
↓お時間おありでしたら、以下のコラムもぜひ併せてご覧ください♪

◎Nadia連載コラム「ヨーロッパ 食の風景」
pin14.gif 第9回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(1)
pin14.gif 第10回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(2)
pin14.gif 第11回:パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(3)
line22.gif





line_tubul1.gif

今日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございました☆
(↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています)


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ




関連記事
パルミジャーノ・レッジャーノ・アンバサダー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。