--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2015/08/16

【 Nadia連載コラム更新 】 パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。

niwamomo_column_bl09.jpg


z018.gif

レシピサイトNadiaさんの連載コラム「ヨーロッパ 食の風景」を更新しました。


今回は、現在開催中のコラボ企画、
「イタリアチーズの王様「パルミジャーノ・レッジャーノ」にちなみ、
「パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ」について
たっぷりとお話させていただいています。



l1.gif

記事はこちら↓

kokuban1.gif 第9回: パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(1)

kokuban1.gif 第10回: パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(2)

kokuban1.gif 第11回: パルミジャーノ・レッジャーノのおはなし。(3)


l1.gif


《 今回の内容 》

(1)
・パルミジャーノ・レッジャーノのふるさと
・イタリア人の「楽園のごちそう」
・牛乳チーズを可能にしたもの

(2)
・パルミジャーノ・レッジャーノはなぜ硬くて大きい?
・パルミジャーノ・レッジャーノはなぜ「チーズの王様」になったのか

(3)
・ポー川流域と「特別なチーズ」
・名前に込められた地域の想い
・チーズの王様、パルミジャーノ・レッジャーノ





kusa01.gif

今回は内容が続くので、一挙に3回分の連続更新。

コラムでは特に、こちらのブログではこれまであまり触れられなかった
パルミジャーノ・レッジャーノの歴史とそれを取り巻く周辺地域の自然・文化的環境に
焦点をしぼって書かせていただきました。


「パルミジャーノ・レッジャーノが、なぜチーズの王様と言われるのか?」

味のおいしさや品質の良さはさることながら、
パルミジャーノ・レッジャーノというのはその生産地域と密接に結びつきながら
発展してきた素晴らしいチーズであり、その土地の自然と人によってしか
生み出されえない味わいを持っています。

その意味でもこのチーズは、まさしく「王様」にちがいないのです。kaomozi10.gif



PR2015_banner06.jpg

hanepen02.gif パルミジャーノ・レッジャーノ レシピコンテスト (←クリックで特設ページへ)


こちらのコンテストも、サンプリング応募&コンテストへのエントリーが
明日17日(月)まで

ぜひみなさまも、この機会にパルミジャーノ・レッジャーノのさまざまな魅力を
再発見してみて下さい!kaomozi08.gif




line_tubul1.gif

最後までお読みいただき、ありがとうございました☆
(↓クリックいただくと、ランキングが上がる仕組みになっています)


FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ



関連記事
Nadiaコラム | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
ちょっとだけ読ませていただきましたが、
パルミジャーノのお話興味深いですね〜@@
他にもアスパラガスのお話もあるんですね〜〜
後ほどゆっくり読みに伺います^^


毎日エスプレッソゼリーを食べています^^
しばらく続きそうです〜^^
今年の畑すごいことになってます@@
とは言っても彼の実家のバックヤードに畑を作って育ててるんですよ^^もうすごい成長ぶりです^^
No title
パルミジャーノ・レッジャーノのお話、興味深く読ませていただきました~チーズの王様、ほんとに香り高くて美味しいですものね~

全ぽち~
No title
庭乃桃さん
パルミジャーノチーズのお話
素晴らしいです
ありがとうございます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。