--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/11/06

秋の味覚♪ 棗(なつめ) の甘煮


804_r.jpg

onion02.gif 小さな林檎か梨のような味わいの生の棗(なつめ)を、
お茶うけにぴったりの甘煮にしました。

漢方食材としても知られるなつめ。

口に含むとやさしい甘さの果肉がとろけます。
シロップごと、お茶に入れてもおいしいですよ♪




line_tubul6.gif

ご訪問ありがとうございます。^^
  にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
もし ↓ のレシピを気に入っていただけましたら、
お帰りの際に応援クリック頂けると嬉しいです♪



27.gif
★★★レシピ★★★
--------------------------------
+ 棗(なつめ) の甘煮 +
--------------------------------


棗(なつめ)の甘煮

棗(なつめ)の甘煮

by 庭乃桃

調理時間:15分~1時間
Comment

←印刷用レシピは
画像をクリック!
(リンク先ページ下部の「このレシピを印刷する」よりどうぞ。)




【材料 (2~4人分)】

・なつめ・・・・・70g
・水・・・・・400cc
・蜂蜜・・・・・大さじ2
・きび糖・・・・・大さじ3


【作り方】

1). なつめはヘタを取って洗う。

2). 小鍋に水、蜂蜜、きび糖を入れて煮溶かし、
  なつめを入れたら、アクを取りながら弱火でなつめが
  やわらかくなるまで煮る。


◆果実としての美味しさも楽しむ場合は煮る時間を短めに、
 しっかりと煮出したい場合は1時間ほど弱火で煮て下さい。

◆そのままお茶うけとして頂いても美味しいですが、
 シロップごとお茶に入れて実まで一緒に食べるのもおすすめです
 (種があります)。




akami.gif


皆様、こんにちは♪


早いもので、今年ももう11月になってしまいました。...aki28.gif


(またしばらくブログがお休み続きになってしまいましたが、
いつも遊びに来て下さる皆様、本当にありがとうございます☆)



秋はおいしいものがたくさん出回る季節ですが、
わが家では毎年この時期に作っているものがあります。



78_2_recipe_w150.jpg



ご近所の方が珍しい生の棗(なつめ)をいつも下さるので、
それを煮て甘煮にしておくんです。^m^

(ちなみに、↑の写真は去年のもの。)


大体いつも10月~11月にかけてが旬のようですが、
これはちょうど気温が下がって、体調も崩しやすい時期。


乾燥させたなつめは、
薬膳料理や韓国のサムゲタンなんかにも
よく入っていますよね。

いずれにしても体調を整えたり
元気をつけたりするのに良いそうで、
たしかにこの甘煮を入れたお茶を飲むと
体も心もほっこり、じんわりと
あたたまる気がします^^



mi.gif



生の状態から甘く煮たなつめは、
林檎よりももっとさっぱりしていて甘さ控えめ、
とてもやさしいお味。^m^


口に含むと、
果肉がとろけて実においしい♪


この時期ならではの、有り難い秋の味覚です。



green02.gif hanepen07.gif
802_w150_r.jpg


 mosnogohanさんが、
帆立と白菜のオイスターソース煮込みを作って下さいました。

 嬉しいお知らせ、ありがとうございました☆



line_tubul6.gif

  にほんブログ村 料理ブログ 創作料理へ
最後までお読みいただき、本当にどうもありがとうございました♪


↓ こちらも好評発売中♪
lbl.gif
niwamomo-01_01_w120.jpgniwamomo-02_00_w120.jpg
sq19.gif しみじみ*ごはんミニレシピ本シリーズ発売中。
 (楽天Kobo他でも買えるようになりました。)

lbl.gif



関連記事
【常備菜】 その他 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
No title
庭乃桃さん
棗(なつめ) の甘煮
美味しそうです
素晴らしいRecipe
いつも
有難うございます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。