--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/30

桜えびとキャベツの香ばし醤油パスタ

なんだかやはり年末は慌ただしくて、
あっという間に今年もあと2日となってしまいました。

そんな忙しない年の瀬に食べるわが家のランチは、
手早く作れるパスタが多くなっております。

先日は、冷蔵庫にあったキャベツと
貴重な乾物・桜えびで、
和風パスタを作りました。

キャベツと桜えびって
これはもはや王道の組み合わせだと思うんですけれど、
今まではなんだかいまいち
「コレ!」という味に落ち着けなかったんです…。

(白ワインを入れてみたりだとか、
それはもうとにかくいろいろとやってみましたことですよ!)

でも今回は、いわば原点回帰(?笑)し、
醤油の美味しさ・香ばしさを全面に出したおかげで
なかなか満足のいく味に仕上がりました。♪


181.jpg

-----------------------------------------------------
桜えびとキャベツの香ばし醤油パスタ
-----------------------------------------------------

【材料 ( 2人分 )】

・パスタ・・・・・200g
・キャベツの葉・・・・・2~3枚
・桜えび・・・・・大さじ2
・にんにく・・・・・1片
・塩・・・・・少々
・粗挽き黒胡椒・・・・・少々
・オリーブ油・・・・・大さじ1強

〔味付け〕
*パスタの茹で汁・・・・・おたま1/2杯分
*醤油・・・・・大さじ1
*青海苔・・・・・大さじ2


【作り方】

1). 大きめの鍋に湯をわかし、塩(分量外)を入れて
  パスタを茹でる。

2). フライパンにオリーブ油とにんにくを熱し、
  香りが立ったら桜えびを入れて、少しカリッとなるまで
  揚げ焼きにする。

3). ②にキャベツを加え、塩・粗挽き黒胡椒を振って、
  軽くしんなりするまで炒める。

4). ③に茹で上がったパスタを加え、*印の調味料を加えて
  水分を飛ばすようにしながらしっかり炒め合わせる。
  最後に青海苔を混ぜ入れたら完成♪

◆パスタは表示されている茹で時間よりもやや短めに茹でます。

◆最後にパスタを加えたら、具材と一緒にしっかりと炒めます。
 そうすることでパスタの歯応えも良くなり、
 醤油の風味が香ばしく絡みます。

-----------------------------------------------------
↓COOKPAD版レシピはこちら。
Cpicon 桜えびとキャベツの香ばし醤油パスタ by 庭乃桃
-----------------------------------------------------
 

桜えびとキャベツには、
やっぱりお醤油味がよく合う気がします。

ちなみに写真でパセリのように見えておりますのは、
実は青海苔です。

これまたキャベツとは相性が良いようで
(何やらお好み焼きを彷彿とさせる組み合わせですが)、
とてもしっくりときました。


カリカリ桜えびと、甘いキャベツ
ふわっと香るにんにくに、
香ばしい醤油の風味がたまりません!

わが家の場合、パスタを作る時点で
「手軽に作れる物が良いけれど、
絶対美味しくなくちゃイヤだ!」
という想いに充ち満ちているため、
こういう外れのない味付けだと
本当にしみじみ美味しく食べられます。グー(^-^*)



「このレシピ、なかなかいいかも?」
と思っていただけましたら、
どうかポチポチッと励ましのクリックをお願いいたします♪



人気ブログランキングへ
Ich wünsche Ihnen allen Frohe Weinachten!
いよいよ12月。どうぞ素敵なクリスマスを!




にほんブログ村 料理ブログへ




関連記事
スポンサーサイト
【パスタ】 | Comments(6) | Trackback(0)
2009/12/22

ノンオイル♪キャベツのあっさり甘酢サラダ

先週末から、ドイツでは
冷え込みがグンと厳しくなりましてね。ぉぃっ寒

日中でも気温が少しも上がらず、
ずっと氷点下のラインを低空飛行しておりました。

天気予報によると、
体感気温はマイナス13度くらいまで
下がっていたらしいです…。

でも昨日くらいから
また少し気温が戻ってまいりましたので、
私もブログ復活しました。(笑) (*^^*)


以前レストランで食べた
キャベツの甘酸っぱいサラダがとても美味しかったもので、
今回はそんなドイツのキャベツ・サラダ
もっと簡単にして作ってみました。

キャラウェイがほんのり香るサラダですが、
ノンオイルなので浅漬け風に、
付け合わせや箸休めとして
ポリポリいただけるのが魅力です。♪


179.jpg

-----------------------------------------------------
ノンオイル♪キャベツのあっさり甘酢サラダ
-----------------------------------------------------

【材料 ( 2人分 )】

・キャベツの葉・・・・・2~3枚
・塩・・・・・小さじ1/2
*酢 (りんご酢、ワインビネガーなど)・・・・・小さじ2
*蜂蜜・・・・・大さじ1弱
・キャラウェイシード (お好みで)・・・・・小さじ1


【作り方】

1). キャベツは繊維を断ち切るように千切りにし、
  塩少々を振って10分ほど置いておく。その後、軽く水気を絞る。

2). ボウルに*印の調味料を合わせてよく混ぜ、
  キャベツを加えて和える。

3). 仕上げにキャラウェイシードを振って、ざっと混ぜればできあがり♪

◆作ったあとしばらく置くと味がなじみますが、
 作り立てでも十分美味です。

-----------------------------------------------------
↓COOKPAD版レシピはこちら。
Cpicon ノンオイル♪キャベツのあっさり甘酢サラダ by 庭乃桃
-----------------------------------------------------
 

程良くしんなり、しゃきしゃきとしたキャベツが、
甘酢を吸って美味しく仕上がっています。

そこへキャラウェイの香り
ふんわりと。

要は、千切りキャベツを塩で揉んで
蜂蜜とお酢で和えただけの簡単箸休めなのですが、
キャラウェイを少し加えただけで
いつもとはひと味違ったサラダに仕上がります。


ドイツではこのキャラウェイ、
お料理に加えたり、パンに一緒に焼き込んだりして
よく食されます。

ただドイツで買い物をする場合には、
ちょっとだけ注意が必要。
というのも、名称が(そして形状もですが)
クミンとよく似ているんですよね。

ドイツの場合は、
Kuemmel=キャラウェイ
Kreuzkuemmel=クミンです。
ドイツにお住まいの方は、どうかお間違えなきよう。


さて、このキャベツ・サラダですが、
本来は湯通ししたキャベツを
カリカリに焼いたベーコンと一緒に甘酢で和えて
作るようです。

でも先日レストランで付け合わせに出た
キャベツ・サラダは、
甘酢でさっぱりと仕上げてあるのが
とても美味しかったので、
今回はそのイメージで作ってみました。

(ちなみにキャベツを一旦湯通しするのは、
ドイツのキャベツは種類によって、
生で食べるには固すぎるものがあるからです。
でも日本のキャベツは
生でも十分美味しいですもんね!)


キャラウェイには独特の香りがあるので、
それが苦手な方は、代わりにハムや干しぶどうなんかを
混ぜ込んでいただいても美味しいかと思います。

もちろん、このままでも
素朴な味わいで十分美味しいですよ。グー(^-^*)



「このレシピ、なかなかいいかも?」
と思っていただけましたら、
どうかポチポチッと励ましのクリックをお願いいたします♪



人気ブログランキングへ
Ich wünsche Ihnen allen Frohe Weinachten!
いよいよ12月。どうぞ素敵なクリスマスを!




にほんブログ村 料理ブログへ





関連記事
【簡単一品】 サラダ・マリネ・和え物 | Comments(6) | Trackback(0)
2009/12/18

たっぷり野菜のボロネーゼ(ミートソース)

この時期、
ちょっとまとめて作り置きしておきたいのが
ミートソース。

お昼ごはんに茹で立てパスタと絡めても良いし、
ラザニアやオーブン焼きに使っても
手軽に美味しい物が作れるので何かと便利ですよね。

そんなわけで、いつも作っている
わが家のミートソースを覚え書にしてみました。

イメージは、昔読んだある絵本に出てきた
「お日様色のミートソース晴」。

お肉の炒め方に一工夫して、
すっきりとした旨味のあるソースに仕上げるのが
ポイントです。♪


178.jpg

-----------------------------------------------------
たっぷり野菜のボロネーゼ(ミートソース)
-----------------------------------------------------

【材料 ( ひき肉500gあたり )】

〔お肉〕
・あいびき肉 500g
・ナツメグ (なくても可)・・・・・少々

〔野菜〕
・オリーブオイル・・・・・大さじ1
・にんにく・・・・・4片
・玉ねぎ・・・・・3個
・にんじん・・・・・2本
・セロリ (なくても可)・・・・・1/2本
・きのこ (マッシュルームか椎茸)・・・・・4個~6個
・塩・・・・・少々
・酒 (白・赤ワイン/日本酒)・・・・・100cc
・トマトの水煮缶・・・・・2缶

〔味付け〕
*コンソメキューブ・・・・・1~2個
*トマトケチャップ・・・・・大さじ3
*醤油・・・・・大さじ1
*砂糖・・・・・大さじ4
*塩・・・・・少々
*ローリエ・・・・・2枚
*ドライバジル (または ブーケガルニ)・・・・・大さじ1
・バター・・・・・大さじ1


【作り方】

1). ひき肉にはナツメグをまぶし、野菜類はすべてみじん切りにしておく。

2). 油を引いていない深めのフライパンを熱し、お肉を入れて炒める。
  この時、最初に臭みのある油が少し出てくるので、
  キッチンペーパーで取り除いておく。

3). お肉を一旦取り出したら、同じフライパンにオリーブオイルを熱して
  野菜類を炒める。途中で塩少々を振り、じっくりと。

4). ③にひき肉を戻し入れ、酒を加えて、強火で全体を炒め合わせながら
  アルコール分を飛ばす。その後、トマトの水煮缶を加える。

5). トマトの空き缶に少しだけ水(分量外)を入れ、
  中身をこそげ落としたらそれも投入。
  トマトをへらなどでつぶしながら、少し煮る。

6). *印の調味料・ハーブを加えて味付けし、
  あとはフタをして味が馴染むまで煮込む。

7). 最後に味をみて調節し、火を止めてバターを混ぜ込んだら
  できあがり♪


◆最初にひき肉だけ炒めて余分な油と水分を出してしまうことで
 肉の臭みがなくなり、他の食材や調味料の味がよく馴染んで、
 すっきりとした深味のある味に仕上がります。

◆砂糖はやや多いかも?と思うくらい入れます。
 (但し、きび糖などの美味しいお砂糖を使います。)
 トマトの酸味が和らぎ、コクが出て旨味が増します。


-----------------------------------------------------
↓COOKPAD版レシピはこちら。
Cpicon たっぷり野菜のボロネーゼ(ミートソース) by 庭乃桃
-----------------------------------------------------


先にお肉だけを炒めて余分な水分と臭みを飛ばし、
その後、ザクザクみじん切りにした野菜類をじっくり炒めたら、
あとは放っておくだけ。

材料も多くて一見面倒なようですが、
結局一鍋だけで作れるので、慣れてくると案外楽チンです。


出来上がったソースは、パスタやラザニアだけでなく、
マッシュポテトの上にただ乗っけて
チーズと一緒にオーブンで焼くだけでも
ビックリするほど美味

165_m.jpg


すっきりした旨味があるので、変にクドくならず、
お肉の味野菜の味が、
それぞれダイレクトに伝わってきます。

食べるとまさに、幸せ気分~


お日様の匂いがしそうなこのミートソース、
わが家ではこれからの季節にも
大活躍間違いなしです。グー(^-^*)



「このレシピ、なかなかいいかも?」
と思っていただけましたら、
どうかポチポチッと励ましのクリックをお願いいたします♪



人気ブログランキングへ
Ich wünsche Ihnen allen Frohe Weinachten!
いよいよ12月。どうぞ素敵なクリスマスを!




にほんブログ村 料理ブログへ





関連記事
【パスタ】 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。